メディア買取ネット(エコマケ)の買取りは高い?古本を買取体験してみた!

メディア買取ネットは、全国から手数料等すべて無料の宅配買取サービスでDVD・CD・ゲーム・一般書籍・コミックを買取りしています。

メディア買取ネットは、口コミサイトに多く評判情報が投稿されていることから、利用者が多い買取サイトのようですが、あまり良くない評価が多く、買取りが安いのでは?と思いました。

そこで、実際に古本を査定依頼して、買取金額の調査や、申込みから振込完了までの流れ・特徴など詳しくレポートしてきます!

メディア買取ネットの特徴

メディア買取ネットは、GEEKS株式会社がリユース事業として立ち上げたリユースブランド「エコマケ」のmディア専門買取サイトで、一般書籍・DVD・CD・ゲームなどを買取りしているサイトになります。

メディア買取ネット以外にも、フィギュア買取ネット楽器買取ネットブランド買取ネットなど、複数の専門買取サイトを運営しています。

メディア買取ネットの特徴は、月間査定点数が40,000点以上と利用者が多く、まとめ売りボーナスで査定額アップのキャンペーンも年中開催しているので、観なくなったDVDや遊ばなくなったゲームソフトをまとめて売ると、通常の査定額より高く売ることが出来ます。

買取方法は宅配買取で、「梱包キット無料」「送料無料」「振込手数料無料」「返送料無料」とすべて無料で利用できるほか、集荷の手配も同時に申込みが出来ます。

メディア買取ネットの取扱いジャンル

メディア買取ネットの取扱いジャンルは、一般書籍・コミック・ゲーム・DVD・CDになりますが、実はメディア買取サイトで取扱いしているもの以外でも売ることが出来ます。

取扱いジャンル

本・漫画・CD・DVD・ゲーム・スマホ・パソコン・カメラ・フィギュア・家電・ブランド品・貴金属・楽器・電動工具・スポーツ用品・カーバイク用品・骨董品

メディア買取サイトやフィギュア買取サイトなど複数サイトがありますが、エコマケの買取申込みフォームムに進むので、何でもまとめて売ることが出来るので、引越しや断捨離に向いています。

取扱いできる本の種類

当サイトは古本の買取店比較をしているサイトですので、メディア買取ネット(エコマケ)で、売れるホント売れない本と状態について詳しく説明していきます。

取扱いできる本の種類

実用書・学術書・専門書・教科書・参考書・文芸書・文庫・写真集・教材・絵本・攻略本・画集・古典・漫画全巻・単品コミック・大型版・文庫版・特典付き漫画・成人向け漫画・一部同人誌

上記の本の種類であれば買取は可能で、ペンやマーカーでの軽度の書き込みや、日焼け・汚れなどあったも買取りOKになります。

取扱いできない本の種類・状態

取扱いできない本と状態

百科事典・古い辞書・一部雑誌(専門的な雑誌は買取可能な場合あり)・小中高校の教科書(高校の参考書は可)・ISBNコードのないもの・法律に違反するもの
大きな変色、破損、変形、加工があるもの。付属品が無いため、商品の機能を果たさないもの。

辞典や付属品の品がある本は売れにくいので、買取りはしていないですが、高校・大学入試参考書は買取可能になっています。(軽度の書き込みでも買取可

メディア買取ネットの宅配買取サービスについて

メディア買取ネットの取扱いジャンルを詳しく説明しましたので、ここからは宅配買取サービスの特徴について詳しく説明していきます。

5点以上で送料手数料すべて無料サービス!

メディア買取ネットでは、査定依頼商品を送るときの送料・買取代金を受け取るための銀行振込手数料・買取キャンセルした時の返送料など、書籍・DVD・CDなど5点以上ですべて無料対応なので0円で利用できます。

宅配買取を行っている買取店では、利用条件が5点以上は珍しく、10点または20点以上が多くある中、メディア買取ネットは申込みしやすい買取サイトです。

梱包キット(ダンボール)を最大20箱も無料でプレゼント!

査定依頼商品を送るダンボールが無い方には、ダンボール代と送料も無料で、梱包キット(ダンボール)を最大20箱まで届けてくれるので便利です。

ダンボールサイズは、大・中・小の3サイズで、組み合わせ自由に最大20箱もプレゼントしてくれるので、大量の古本やDVD・CDなどを一括で処分したい方でも利用しやすいサービスになっています。

集荷依頼もできる!重い荷物を運ぶ必要なし!

宅配買取はダンボールに査定依頼商品を入れて宅配便で送る買取方法ですが、荷物送る手間がめんどくさい方も多いと思いますが、メディア買取ネットでは、買取申込みフォームで集荷依頼も同時に申込みが出来ます。

「商品の自宅引き渡し」で、「利用する」を選択して、集荷希望日と希望時間帯を選択することで、自宅まで佐川急便のドライバーさんが記入済みの送り状を持って引取りに来てくれます。

メディア買取ネットの買取申込みの流れ

メディア買取ネットの買取申込方法は、「ネット申込み」「電話申込み」の2つになります。

今回は、「ネット申込み」の方が圧倒的に多いと思うので、スマホを使ってネット申込みの流れや注意点をを説明していきます。

買取申込の流れは、「梱包・発送」⇒「お客様情報の入力」⇒「申込み完了」になり簡単な内容の項目になります。

メディア買取ネットにアクセスして、メディア買取ネットのトップページを開きます。

  • STEP.1
    メディア買取ネットにアクセス

     

    ▲メディア買取ネットのトップページの「買取お申込み」から買取申込みフォームへ進みます。
    スマホ用のサイト構成になっていなく見づらいかもしれません。

  • STEP.2
    メディア買取ネット買取申込フォーム-梱包・発送

     

    ▲「梱包・発送」では、「発送用の梱包キット」「商品の発送方法を選ぶ」「買取金額のご確認について」を入力と項目選択をします。

    「発送用の梱包キット」では、梱包キット(ダンボール)を「利用する」「自分で用意する」を選択します。

    「利用する」を選択の場合は、箱の個数と配達希望日の選択を、「自分で用意する」場合は、送る箱の個数を入力します。

     

    ▲「商品の発送方法を選ぶ」では、ダンボールを送る方法で、自宅に集荷に来てもらいたい場合は「利用する」を選択して、集荷希望日時を選択します。

    「買取金額のご確認について」は、査定金額を確認してから「売る」「売らない」を決めたい場合は「確認して買取を決める」を、査定金額がいくらでも処分したい場合は「結果に関わらず買取」を選択してください。

  • STEP.3
    メディア買取ネット買取申込フォーム-お客様情報の入力

     

    ▲「お客様情報の入力」では、お名前・メールアドレス・電話番号・を入力します。

     

     

    ▲続きで、郵便番号・住所・生年月日・性別・職業を入力します。

    注意点
    入力する住所は、身分証明書に記載されている電材お住まいの住所と同じように、間違わないように入力してください。集荷の依頼をした場合は、この住所に佐川急便が集荷に行きます。

    あとは入力内容を確認して申込み完了です。

  • 宅配買取申込完了